ルフトハンザ ドイツ航空

ルフトハンザ ドイツ航空は、世界最大規模の大手航空会社の1つであり、400社以上の子会社を抱える航空グループです。子会社には、航空会社(オーストリア航空、ブリュッセル航空、ジェットブルー航空、ジャーマンウィングス、サンエクスプレス航空、スイス インターナショナル エアラインズ)や、ロジスティクス、修理・整備、ケータリング、IT分野を運営するサービス会社が含まれます。ルフトハンザ グループは、品質、技術革新、安全性、および信頼性の向上に力を入れています。ルフトハンザ ドイツ航空の本社は、ドイツ(ケルン)にあり、 旅客運送、ロジスティクス、修理・整備、ケータリング、およびITサービスの5つの事業部門を運営しています。旅客サービスと貨物サービスのオペレーション・センターは、フランクフルトにあります。第2のハブ空港はミュンヘンで、第3のハブ空港はドュッセルドルフです。ドイツにあるその他の主要拠点は、ハンブルク、ベルリン、およびシュトゥットガルトです。

品質と技術革新、安全性と信頼性はこれからもルフトハンザ グループのモットーであり続けるでしょう。そして、これがルフトハンザ ドイツ航空のイメージを形成し、将来の成功の裏づけとなるでしょう。言及すべき最新のニュースは、ルフトハンザ ドイツ航空は、ボーイング747-8インターコンチネンタル旅客機の「ローチングカスタマー」であることです。新ルフトハンザジャンボであるボーイング747-8 機が定期便として運航を開始した際には、ご搭乗のお客様が新たなビジネスクラスの客室の特徴を最初にお楽しみいただけます。 この新しいルフトハンザビジネスクラスのシートは、ベッドとして使用するフルフラット時の全長は1.98メートルになります。ボタンを押すと、快適なベッドへと早変わりします。新ビジネスクラスのシートは、フラットベッド、垂直状態、あるいはリクライニングシートなど、直感的に角度の調節を行うことができ、また収納スペースが新たに加わり、エンターテイメントシステムも改良され、他に類のない快適性をご体験いただけます。

ルフトハンザ グループの主な事業は、旅客輸送です。ルフトハンザ ドイツ航空の旅客輸送事業を運営する航空会社は、ルフトハンザおよびルフトハンザ リージョナルです。ルフトハンザ ドイツ航空は、近代的で環境優位性に優れた大手航空会社であり、ほぼすべての大きさの航空機を数多く所有しています。すべての機材は、世界で最も厳しい騒音基準に適合しています。これからも品質と技術革新、安全性と信頼性はルフトハンザ航空を表す代名詞となり続け、将来のルフトハンザ グループに成功をもたらすでしょう。ルフトハンザ ドイツ航空は、ルフトハンザ グループで最大の事業です。ルフトハンザ ドイツ航空による売上が、この事業の大きさを反映しています。

ルフトハンザ ドイツ航空の2011年度における全搭乗者数は、6,500万人を超えました。ルフトハンザ ドイツ航空は現在、400機を超える航空機を有しています。ルフトハンザグループは、継続的な機材のリニューアルにより、燃費効率が高く、環境に配慮した運航を常に行っています。2011年7月、6ヶ月間の試験運航として、バイオ燃料による定期便が就航しました。ハンブルク-フランクフルト間で毎日4往復、Airbus A321 機を使ったデイリー運航を行いました。同機のエンジンの1つに、50:50の割合で混合した従来のジェット燃料とバイオケロシンを使用しました。バイオケロシンは、従来的なケロシンの性質と似ているため、航空機やエンジンの改造や変更の必要がなく、すべての種類の航空機に使用することができます。6ヶ月間の試験運航中は、バイオ燃料の使用によって二酸化炭素排出量が1,500 トンまで削減されます。

2012年の夏には、526席仕様のAirbus A380を10機、運航しています。リニューアルされた、アッパーデッキ(2階席)に設けられた全8席のゆったりとしたファーストクラスは「個」のコンセプトを反映しており、旅行体験をさらに高めるこの上ない快適さや技術革新を提供しております。受賞歴のある全98席のルフトハンザ ビジネスクラスも、アッパーデッキに設けられています。メインデッキ(1階席)にあるエコノミークラスは、420席から成り、広々とした空間やかつてないほどの快適性をご提供しています。フランクフルト-東京間では、現行のBoeing 747-400型機の運航に替わり、A380の定期便による運航が、2010年6月11日に開始しました。現在では、フランクフルトからニューヨーク、マイアミ、ヨハネスブルク、北京、サンフランシスコ、東京、シンガポールまでA380を運航している他、2012年の夏には、フランクフルト-ヒューストン間においてもA380による運航を開始する予定です。

ルフトハンザ グループの従業員数は、現在、約120,000名です。2011年度では、計223億ユーロの収支を計上しました。ルフトハンザグループは、以下の4名から成る理事会によって経営が行われています。ルフトハンザ ドイツ航空 会長兼CEO Christophe Franz、ルフトハンザ ドイツ航空 CEO Carsten Spohr、グループ航空会社兼人事最高責任者 Stefan Lauer、および最高財務責任者 Stephan Gemkow。ルフトハンザ ドイツ航空とともに、ルフトハンザ グループの航空会社であるオーストリア航空、スイス インターナショナル エアラインズ、ブリュッセル航空は、ブリュッセル、デュッセルドルフ、フランクフルト、ミュンヘン、ウィーン、チューリッヒをそれぞれ拠点とし、4大陸105カ国283カ所都市へ運航しています。各航空会社はまた、数多くの共同運航便とともに路線ネットワークの強化を図っています。

*ルフトハンザ ドイツ航空 (旅客部門単独)

関連リンク
Find Lufthansa on