スカンジナビア航空

スカンジナビア航空(SAS)は、1946年8月、 デンマーク、 ノルウェー、 および スウェーデン

の国営航空会社が合併して設立されました。

以来、スカンジナビア航空は、航空業界の革新的なパイオニアとして名声を築いてきました。 1960年代、スカンジナビア航空は世界で初めて北極ルートを開設し、1962年には極地を横断する航空業界のパイオニアとして、運輸業界のノーベル賞ともよばれるクリストファー・コロンブス賞を受賞しました。 1952年、スカンジナビア航空は条件付きで航空券の割引を行うツーリストクラスを導入した世界初の航空会社となりました。 以来、航空業界全体がこのアイデアを取り入れています。

2011年に新たな戦略基盤を導入し、その前向きな動向を基礎とし、最終的には航空業界でさらに高い基準を構築することを目標としています。

これまで掲げてきた戦略とともにスカンジナビア航空は、2008年以降、単位原価を23%まで削減しています。その一方で、11年間最も高い顧客満足度を達成し、ヨーロッパの航空会社の中で最も定時運航を行う航空会社に選ばれています。 これによって、スカンジナビア航空は、新たな戦略が基礎とし強化する基盤を構築しました。 この計画では、2015年までに、 「業務エクセレンス」、「販売エクセレンス」、「運航エクセレンス」、および「社員エクセレンス」の4つの基礎の中で卓越性を達成する目標を掲げ、4エクセレンスと称する新たな戦略を導入しました。

スカンジナビア航空は環境への貢献においても航空業界トップであり、以下を目標としています。

  • ヨーロッパで最も環境のことを考慮する航空会社として見なされる
  • 交通量が高まる中、2020年までに二酸化炭素の放出を20%削減
  • 最も効率性の高い省エネプログラムを実施

IATAの構想に従い、スカンジナビア航空は環境への取り組みにおいて、2050年までに二酸化炭素放出量ゼロを目標としています。

スカンジナビア航空は国際協力の精神の下に創立されました。 この精神に基き、スカンジナビア航空は1997年5月、エア・カナダ、ルフトハンザ ドイツ航空、ユナイテッド航空およびタイ国際航空とともにスター アライアンスを設立し、世界各都市を結んだグローバル・ネットワークを提供しています。

スカンジナビア航空は、スカンジナビアとヨーロッパ、アメリカ、アジア、中近東を結ぶ低運賃のグローバル・ネットワークを提供しています。 スカンジナビアにおける主要空港:

 

関連リンク
Find Scandinavian Airlines on