シンガポール航空

シンガポール航空の歴史は、マレーシア航空がシンガポールとクアラルンプール、イポおよびペナンを結ぶ初の民間飛行便を就航させた1947年5月1日まで遡ります。航空会社はマレーシア航空(1963年)と名前を改め、続いてマレーシア‐シンガポール航空(1966年)となり、1972年には2つの会社へ分割され、マレーシア航空システム(後にマレーシア航空)およびシンガポール航空となりました。シンガポール航空は、高品質な製品と優れたサービスの展開により、半世紀以上にわたって革新的な市場リーダーとの評判を獲得しています。

シンガポール航空は、アジア、ヨーロッパ、北米、中東、南西太平洋、アフリカへ運航しており、路線網は35ヵ国、63カ所の目的地に及んでいます。

シンガポール航空の機材保有年数は大手航空会社の中で最も若く、平均でわずか6年余りです。Boeing 777、Airbus A330-300、A340-500 などの保有機材とともに運航を行い、2007年10月にはA380-800の世界初号機を受領しました。

優れた顧客サービスなくしてシンガポール航空の成功を語ることはできません。素晴らしい機内サービスは、お客様へのサービスとおもてなしの名声を獲得する基盤となっています。シンガポール航空は、航空業界の先駆者としての役割を果たしています。その1例として、機内のヘッドフォンの無料配布を開始し、1970年にエコノミークラスへお食事の選択とフリードリンクを、1991年にはサテライトをベースとした機内電話サービスを開始しました。 また、シンガポール航空は、国際料理検討会の立ち上げにより機内食を新たなステージへ高めました。2004年、シンガポール航空は、シンガポール-ニューヨーク(ニューアーク)間に世界最長のノンストップ超長距離商用運航便を導入し、航空業界の歴史を作り出しました。

「シンガポールガール」が象徴するシンガポール航空のお客様への気配りやおもてなしにより、数多くの業界賞や旅行部門賞に輝いています。シンガポール航空は、コンデナストトラベラー誌により21年連続で「最優秀グローバル航空会社」賞を、トラベル&レジャー誌により14年連続で「最優秀国際線航空会社」賞を、ウォールストリートジャーナルアジア誌より17年連続で、「最も評判の高いシンガポール企業」を受賞しています。

関連リンク
Find Singapore Airlines on